禁煙外来

当院では、平成18年4月より禁煙指導の保険適応施設となりました。

喫煙は単なる習慣や嗜好ではなく、ニコチン依存症という病気としてとらえられています。

特に自力で禁煙したけど何度も失敗している方は、医師のカウンセリングやお薬
で楽に禁煙できますので是非受診して下さい。 予約不要で受診できます。

ただし、以下の条件を満たした場合にのみ保険適応となります。

《保険診療の対象となる方》
 1.直ちに禁煙しようと考えていること
 2.ニコチン依存症禁煙外来スクリーニングテスト(PDF18KB)で10問中5問以上が
   該当すること
 3.プリンクマン指数(1日喫煙本数 × 喫煙年数)が 200以上であること
 4.禁煙治療を受けることを文書により同意していること

  禁煙治療途中で断念及び全12週治療終了後、禁煙に失敗された方で、再度受診する
   場合は前回の初診から1年間は保険適応になりませんのでご了承ください。
 

◆治療の流れ

全12週にわたり、禁煙によって生じるさまざまな症状(離脱症状)を和らげる為の禁煙補助薬を使用し禁煙実行・継続のアドバイスをしながら禁煙成功に導きます。

 補助薬には、従来使用されていたニコチンパッチ(ニコチネルTTS)に加え、新たに経口薬(チャンピックス)も使えるようになりました。補助薬の併用はできません。
どちらのお薬を使うかは、医師とのカウンセリングで選択処方いたします。

○補助薬の種類
<!--$alt-->

ニコチンパッチ(ニコチネルTTS)
この薬は、禁煙による離脱症状に対して皮膚からニコチンを吸収させることで和らげ少しづつ体内のニコチン量を減らして楽に禁煙成功に導きます。
 
<!--$alt-->

経口薬(チャンピックス)
この薬はニコチンを含まない経口禁煙補助薬です。ニコチンがもたらす脳細胞での作用により喫煙により得られる満足感を抑制し、かつ禁煙に伴う離脱症状やタバコに対する切望感を軽減させます。禁煙開始予定日の1週間前から服用し、服用8日目から禁煙します。

○補助薬による禁煙治療のスケジュール
受診時期 製剤による診察回数 治療内容
ニコチンパッチ 経口薬
初回治療 1.診察

2.一酸化炭素濃度測定

3.禁煙補助薬処方
再診1回目( 2週間後)
再診2回目( 4週間後)
再診3回目( 6週間後)  
再診4回目( 8週間後)
再診5回目(10週間後)  
再診6回目(12週間後)

◆費用について(3割負担の場合)

ニコチンパッチ(ニコチネルTTS)の場合
  診察料
 +
ニコチン依存管理料
 +
処方せん料
薬剤料
(院外処方)
合計
初回治療 約1,700円 約2,000円 約3,700円
再診1回目(2週間後) 約1,000円 約2,000円 約3,000円
再診2回目(4週間後) 約1,000円 約2,000円 約3,000円
再診3回目(8週間後) 約1,000円 約2,000円 約3,000円
再診4回目(12週間後) 約1,000円 約2,000円 約3,000円
12週合計 約15,700円

経口禁煙補助薬(チャンピックス)の場合
  診察料
 +
ニコチン依存管理料
 +
処方せん料
薬剤料
(院外処方)
合計
初回治療 約1,700円 約2,000円 約3,700円
再診1回目(2週間後) 約1,000円 約2,500円 約3,500円
再診2回目(4週間後) 約1,000円 約2,500円 約3,500円
再診3回目(6週間後) 約 500円
(ニコチン依存
管理料なし)
約2,500円 約3,000円
再診4回目(8週間後) 約1,000円 約2,500円 約3,500円
再診5回目(10週間後) 約 500円
(ニコチン依存
管理料なし)
約2,500円 約3,000円
再診6回目(12週間後) 約1,000円 約2,500円 約3,500円
12週合計 約24,000円
※ 上記費用は、概算ですのでご了承ください。

禁煙治療に関する情報は下記もご覧下さい。