「MOONLOID」店主 甲斐綾乃さん

平成29年10月に旭川から移転オープンしたアパレルショップで、取り扱う商品の主力はダウンジャケット。ネット販売で上位の売り上げを誇る同店が、店頭販売にも力を注ごうと選んだ土地が当麻町。建物は幌加内にあった北海道大学の製材工場を移築。できるだけ手を加えず、建物の持つ“味わい”を活かしています。「とうまのお店元気事業」と「歴史的建物の木材活用補助金」を活用しています。
―築約70年の建物をあえて使った理由は?
「服は、長年愛用することによって“しっくりした”雰囲気が生まれます。建物も新築より長年使われてきたものの方が味わい深さがあると考え、この建物を活用しました」
―以前の店舗所在地は交通量も人通りも多い場所だったそうですが、なぜ当麻に移転を?
「大雪山が見える景色の美しさと北海道の土地というイメージがしやすかったことです。当麻はスーパー、コンビニ、ガソリンスタンドなど店舗がそろっているので不便さは感じません」
―北海道にこだわる理由は?
「北海道の名が付いた食べ物が“美味しそう”と感じるように、北海道発のダウンジャケットと聞くと“暖かそう”と感じるはず。そのため“北海道発”にこだわりを持っています」
―当麻町という片田舎にお洒落なアパレルショップがあることに意外性を感じるのですが?
「それが当麻町を選んだもう一つの理由です。新店舗を建てるにあたり旭川市や東川町も候補地に挙げていました。しかしどちらもアパレルが連想できる街。良い意味で何色にも染まっていない当麻町は面白いと感じました。これからは無色の当麻町にMOONLOIDという色を付けていきたいです」
●甲斐さんの店舗は「ひるとうま よるとうま」でも紹介しています(近日公開)