地震情報

平成30年9月6日発生の停電復旧について

緊急情報一覧

「boulangerie 廻りみち@当麻」店主 會津貴史さん・めぐみさん夫妻

千歳市の大手パン会社、恵庭のパン屋に勤めていた會津さん夫妻。「自分のパンを作りたい」という思いから平成29年8月1日、JR当麻駅前に新規起業しました。「とうまのお店元気事業」と「店舗等新築木材補助金」を活用しています。
―北海道内ほぼ全域を巡り店舗地を探したそうですが、その中でなぜ当麻町を選んだのですか?
「実は当麻という町の存在は知りませんでした。不動産業者に勧められたのがきっかけでこの町を訪れました。その時感じた静寂さ、景色、木の香り…、フィーリングがぴったりと合い、ここに住みたいと思いました」
―当初の計画地は、事情で店舗建設が不可能となったそうですが、その時に“やっぱり当麻以外の場所で探そう”とは思わなかったのですか?
「いいえまったく(笑)。住みたいと思った町ですから…。町内で探すことだけ考えました」
現在の土地は、商工会などの協力を得て探していく中で出会い、交渉を重ねた結果、取得できた土地で、會津さんお気に入りの場所です。
「近くに製材工場などがあるので、風向きで木の香りが流れてくるんです。この香りを嗅ぐと心が落ち着きますね」
―自分の店舗に町産木材が使われていることについてどう思いますか?
「木が好きなのでうれしいです。近くの製材工場で作られた木材というのも喜びが増します。町産材にはシールが貼られているので建築現場を訪れるたび感激していました」
●會津さんの店舗は「ひるとうま よるとうま」でも紹介しています