地震情報

平成30年9月6日発生の停電復旧について

緊急情報一覧

「コーヒーとカレーの店 MERB」店主 斎藤学さん

多くのファンに惜しまれつつ閉店した旭川の老舗カレー店「米々亭」。長年厨房でその味を守り続けてきた斎藤さんが店主を務める「コーヒーとカレーの店 MERB」。道の駅とうま横にあったラーメン店を改修。その費用に「とうまのお店元気事業」を活用しています。
―カレー店の起業は、米々亭閉店時から決めていたのですか?
「いいえ。閉店後は他の仕事を探そうと思っていました。心の中ではこの味を守る責任があるのでは?と思いつつも、起業にはお金が掛かることですし…」
―起業のきっかけは?
「知り合いから、現在の店舗でお店をやらないか?と声を掛けていただいたことと、とうまのお店元気事業があったことです。店舗と補助金が無かったら起業していませんでした」
―もしかしたら米々亭の味は無くなっていたのかも知れませんね
「本当にそう思います」
―旭川市内から拠点を移してお客さんの数は変わりましたか?
「道の駅という場所柄、町内外問わずたくさんのお客さんが来られます。米々亭時代の常連さんも足を運んでくれています」
これまでカレー作りに専念してきたため、経営は分からないことだらけと話す斎藤さん。
―お店を持ちたいという方を応援する当麻の試みについてどう思われますか?

「良いことだと思います。お店が多くなれば若い世代が増え、町が活性化していくと思います」
●斎藤さんの店舗は「ひるとうま よるとうま」でも紹介しています