就農計画

「就農計画」とは、どんな作物をつくるのか、どの場所で農業を始めるのか、いつどこで技術を習得するのか、資金はどうするのかなど、就農にいたるまでの具体的な計画書のことです。
将来の農業経営の構想、農業所得の目標、研修計画、就農時の資金調達計画などを詳細に書き込んでいきます。
 「就農計画」は、就農への道程でもっとも大切な計画書です。これをしっかりと書き込んでいくことで経営指針が明確になり、就農への道筋もはっきり見えてきます。
また、当麻町に提出された就農計画書は、当麻町新規就農調整会議で諮られた後、当麻町長の意見を付して(研修教育施設として想定されている北海道農業大学校等で研修を行う場合、意見書は省略されます)北海道へ提出され、審査を受けますが、その計画が適切なものと認められる場合、北海道知事がそれを認定し、その計画作成者を「認定就農者」と言います。
 「認定就農者」になると、北海道農業開発公社による支援事業である「就農研修資金」等を借りるための申請ができるほか、当麻町独自の事業である「アグリサポート事業」により研修開始後の各種支援を受けることができます。
 なお、「就農計画」を北海道へ提出し認定を受けるタイミングは次の表のとおり、年度中で3回しかありませんので注意が必要です。

就農計画提出期限および認定(予定)月の大まかな見込み時期
  第1回 第2回 第3回
提出期限
(北海道への)
4月中旬 8月中旬 12月中旬
認定(予定)月 6月上旬 10月下旬 翌年の2月上旬