就農までのステップ

■全体の流れ
<!--$alt-->

<!--$alt-->

 当麻町農業振興課(TEL0166-84-2123)に、まずはご相談ください。また、その後、必要に応じて各種相談先を紹介することもできます。なお、できる限り、当麻町に足を運んでいただき、目指す農業のイメージと本町での就農条件を比較して、具体的な就農プランを立てていただきたいと考えております。
 
<!--$alt-->

<!--$alt-->

 就農に向けた具体的なイメージづくりをするためには、まず実際に農業を体験し、この職業が自分にあっているかどうかを試してみる必要があります。当麻町では独自の新規就農支援策である当麻町アグリサポート事業において、農業体験を町内の農業者が受け入れる場合、その負担を軽減するプログラムを用意しております。あなたの就農条件に合致した体験受入農家をコーディネートしますのでお気軽にご相談ください。
<!--$alt-->

<!--$alt-->

 就農希望者は通常、どのような農業をしたいのか、また、そのためにどのような研修を行うのかなど、営農開始に向けた具体的な計画を作成しますが、この計画を「就農計画」と言い、将来の農業経営の構想、農業所得の目標、研修計画、就農時の資金調達計画などを記載します。なお、作成指導は当麻町農業振興課が行います。
<!--$alt-->

<!--$alt-->

 就農希望者が作成した就農計画は、当麻町から北海道へ提出され審査を受けますが、その計画が適切なものと認められる場合は北海道知事が認定し、その計画作成者を「認定就農者」と言います。「認定就農者になると、次の項目に記載された、当麻町や国の様々な支援制度を受けることができます。
<!--$alt-->

<!--$alt-->

 就農希望者は通常、どのような農業をしたいのか、また、そのためにどのような研修を行うのかなど、営農開始に向けた具体的な計画を作成しますが、この計画を「就農計画」と言い、将来の農業経営の構想、農業所得の目標、研修計画、就農時の資金調達計画などを記載します。なお、作成指導は当麻町農業振興課が行います。
<!--$alt-->

<!--$alt-->

 就農希望者は通常、どのような農業をしたいのか、また、そのためにどのような研修を行うのかなど、営農開始に向けた具体的な計画を作成しますが、この計画を「就農計画」と言い、将来の農業経営の構想、農業所得の目標、研修計画、就農時の資金調達計画などを記載します。なお、作成指導は当麻町農業振興課が行います。
<!--$alt-->


※この流れはあくまでも、非農家出身の方が当麻町に就農するモデルケースを示したものです。