町独自の新規就農者支援事業「アグリサポート事業」

 当麻町では、地域農業の後継者の確保を図るとともに、将来の農村コミュニティを支える、新しい担い手の育成に資することを目的とした新規就農者支援策である当麻町アグリサポート事業を平成23年度に創設し、場当たり的ではない、長期的視点に立った総合的かつ計画的な施策を講じています。

 同事業は、下記(1)から(4)までの就農前の研修を支援するものがあります。

 なお、下記では、事業の概要をお示しいたしておりますが、各事業メニューごとに、その他要件等がございますので、詳細については、当麻町農業振興課(TEL:0166-84-2123)までご確認願います。
 
(1)進学補助

○事業対象者
当麻町内での就農を希望する者で、事業実施年度の4月1日時点において18歳以上46歳未満の者であって、3親等以内の親族である被後継者の農業経営を引き継ぐか、農業生産法人の構成員として農業経営を行うことが見込まれる、いずれも認定就農者の方。

○内容
事業対象者が将来、経営移譲等により農業経営を行うために必要な知識を習得すべく、学校教育法に規定する大学および短期大学ならびに専門課程を有する専修学校のうち農業に関する学科または北海道農業大学校に進学し就学するために必要な経費の一部を助成するものです。

○補助金額等
年額24万円を補助金の限度額とします。また、最大適用期間は、就農計画に基づく研修期間内で連続の4年間以内とします。
 
(2)家賃補助

○事業対象者
農家でない世帯の者で、農業研修生としての研修開始時に20歳以上46歳未満の者であって、当麻町内で1年間以上の農業研修を行い、新たな資本装備による農業経営を希望しているか、農業生産法人の構成員として農業経営を行うことが見込まれる、いずれも認定就農者の方。

○内容
農業研修活動に伴う負担を軽減するため、かかる家賃の一部を助成するものです。

○補助金額等
家賃の2分の1以内とし月額2万円を限度とします。また、最大適用期間は、就農計画に基づく研修期間内で連続の2年間以内とします。
 
(3)研修受入補助

○事業対象者
高度な生産技術・経営管理能力を有するとともに、農業・農村の担い手育成に強い意欲を持つ農家・農業生産法人等であり、座学を含む農業研修等の実施プログラムを作成することができ、かつ実地指導を行うことができる方。

○内容
農家でない世帯の者を受け入れて行われる農業研修活動の実施に伴う、研修受入者の負担を軽減するため、かかる経費の一部を助成するものです。

○補助金額等
1年間以上にわたる就農計画に基づく長期農業研修の受入の場合、月額3万円を限度として最大適用期間は2年間以内とします。また、4週間以内の短期農業研修の受入の場合、1日当たり1,000円を基本として、それに宿泊が伴う場合は2,000円を上乗せします。なお、同時に複数の方の研修を受け入れる場合は、限度額の設定がありますので、詳しくは当麻町農業振興課にお問い合せください。
 
(4)体験受入補助

○事業対象者
国土交通省が所管する若者の地方体験交流の参加者か、当麻町が行う農業に係る体験調査活動の参加者、いずれかの受け入れができる非宿泊業の方。または、前記3の事業対象者の方。

○内容
農業に係る体験・調査活動等を行う者を受け入れて行われる農業体験活動の実施に伴う、体験受入者の負担を軽減するため、かかる経費の一部を助成するものです。

○補助金額等
1日当たり1,000円を基本として、それに宿泊が伴う場合は2,000円を上乗せします。なお、最大適用期間は4週間以内とします。