• トップ
  • 新着情報
  • 新着情報
  • ハートフルタウンとうま広告業務に係るプロポーザル応募手続きについて(当麻町土地開発公社)

ハートフルタウンとうま広告業務に係るプロポーザル応募手続きについて(当麻町土地開発公社)

【当麻町土地開発公社からのお知らせ】

ハートフルタウンとうまPR事業

当麻町土地開発公社が分譲・販売するハートフルタウンとうまの広告業務の実施に係る公募型プロポーザル応募手続きについて

公募型プロポーザル事業に係る手続き開始の通知

次のとおり提案書類等の提出を招請します。

平成29年6月5日

当麻町土地開発公社 理事長 菊川健一


1 公募型プロポーザルに付する事項
(1)業務名  ハートフルタウンとうまPR事業
(2)業務の概要
当麻町土地開発公社(以下、「土地開発公社」という。)が分譲・販売するハートフルタウンとうま及び当麻町のPRを予算の範囲内において実施する。
(3)業務の目的
土地開発公社が分譲・販売するハートフルタウンとうまをPRし、早期完売を目指すとともに、当麻町の魅力を発信し、移住定住の促進、交流人口の拡大につなげ、地域活性化を図ることを目的とする。
(4)業務の内容
ハートフルタウンとうまの分譲PRを下記内容のとおり実施する。ただし、当麻町の各施策を理解し、業務に反映するよう努めること。(計画図は別添のとおり)
1 ブランディングコンセプト、ロゴ等の作成
2 現地の目印及び誘導
3 宅面の表示看板(宅面毎の案内看板設置)
4 新聞・雑誌・フリーペーパー、チラシ折込み等による広告
5 ホームページの作成・管理・運用
6 上記5による当麻町公式ホームページとのリンク
7 その他事業者が提案するもの

(5)実施主体
当麻町土地開発公社
(6)予算規模
本業務の上限は3,000,000円(消費税及び地方消費税を含む。)とする。
(7)業務実施期間
業務実施期間は、契約締結日から平成30年3月30日までとする。
ハートフルタウンとうま広告業務に係る公募型プロポーザル実施要領及び付随の広告業務提案仕様書のとおり。
(8)契約等
優先交渉事業者との協議後から平成30年3月30日まで

2 参加資格要件
当麻町の競争入札参加資格者名簿に登載されていること。
ただし、次の要件に該当する場合は参加資格はないものとする。
1 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4の規定に該当する者。
2 商法(明治32年法律第48号)第381条の規定による整理開始の申し立て、又は、通告がなされている者。
3 破産法(大正11年法律第71号)第132条若しくは第133条の規定による破産申し立てがなされている者。
4 会社更生法(平成14年法律第154号)第17条の規定による会社更生手続開始の申立てがなされている者。
5 民事再生法(平成11年法律第225号)第21条の規定による再生手続きの申し立てがなされている者。
6 「当麻町建設工事等参加資格者指名停止等措置要綱」(平成12年5月1日)第2条による指名停止の措置を受けている者。
7 国税、道税及び市町村税を滞納している者。

3 担当部署
担 当  当麻町土地開発公社事務局(当麻町まちづくり推進課内)
住 所  〒078-1393 北海道上川郡当麻町3条東2丁目11番1号
電 話  0166-84-2111
FAX  0166-84-4883
メール  iwainaka-hid@town.tohma.hokkaido.jp

4 実施要領等の配布
(1)配布場所  「3 担当部署」に同じ。または、土地開発公社ホームページよりダウンロードも可。
(2)配布期間  平成29年6月5日(月)~平成29年6月9日(金)
午前8時30分から午後5時まで

5 参加手続き等
(1)参加申込書の提出
参加希望者は実施要領等で示す書類を次のとおり提出しなければならない。
ア 提出期限  平成29年6月9日(金)午後5時(郵送の場合は同日必着。)
イ 提出場所  「3 担当部署」に同じ。
ウ 提出方法  持参または郵送によること。(電子メールまたはファクシミリによるものは受け付けない。)
(2)参加資格の確認等
「2 参加資格要件」に定める参加資格要件の確認を行い、確認結果を通知する。併せて参加資格要件を有する者に対し、企画提案書の提出を要請する。
(3)企画提案書の提出
(2)で企画提案書の提出を依頼されたものは、次のとおり企画提案書を提出しなければならない。
ア 提出期限  平成29年6月19日(月)午後5時(郵送の場合は同日必着。)
イ 提出場所  「3 担当部署」に同じ。
ウ 提出方法  持参または郵送によること。(電子メールまたはファクシミリによるものは受け付けない。)
エ 提出部数  9部

6 失格事項
以下のいずれかに該当したものは失格とする。
(1)提出書類の提出期間、提出場所、提出方法、記載方法等が、本実施要領及び各様式にて定めた内容に適合しなかった者。
(2)審査の公平性を害する行為をおこなった者。
(3)その他、本実施要領等に定める手続き、方法等を順守しない者。

7 契約候補者の選定方法
本事業の事業者の選定にあたり、本事業に係る契約の相手方を適正に選出するためハートフルタウンとうまPR事業選定審査委員会(以下「審査委員会」という。)を設置して審査する。契約候補者の選定は、審査委員会が企画提案者に対するヒアリングを行って、最も適当と思われる提案者を選定し、もって優先交渉権者とする。

8 契約に関する事項
契約については、選定された優先交渉権者と実施主体の間で詳細を交渉のうえ、締結するものとする。ただし、この交渉の中で、企画提案内容の一部を変更することがある。また、優先交渉権者が「3 参加資格要件」ただし書きのいずれかに該当することとなった場合や優先交渉権者との交渉が不調に終わった場合は、審査委員会において次点とされた団体と交渉する場合がある。なお、契約は実施主体と締結するものとする。

9 その他
(1)企画提案に係る一切の経費については提案者の負担とする。
(2)提出された書類は返還しない。
(3)提出された書類は、提出した者に無断で本プロポーザル以外の用に使用しない。
(4)土地開発公社から提供した文書及び写真等を無断で第三者に提供すること及び他の目的に使用することを禁止します。
(5)本通知に示した内容については、プロポーザルへの参加に関する概要を示したものであることから、参加希望する事業者は、ハートフルタウンとうまPR事業に係る公募型プロポーザル実施要領及び付随の広告業務提案仕様書を必読のうえ、本プロポーザルへ臨むこと。