食育 木育 花育からつながる心育

当麻町「食育」の拠点施設が「田んぼの学校」です。公民館まとまーるの横にある圃場で当麻町の子どもたちは田植え、稲刈りを行い、育てたお米は全量、自らが食する給食に充てられています。
圃場内にある農舎では当麻町の農業を学ぶ教材がいっぱい!

また田んぼの学校では、21世紀土地改良区創造運動大賞を受賞した「水土里ネットとうま(当麻土地改良区)」が毎年「田んぼの教室」を開催しています。
当麻小学校5年生を対象に、田んぼの中の生き物観察や稲の生育観察など、「お米」ができるまでの流れを一貫して学ぶことができます。

食べる命を育てることで、命のありがたみを学びます。
こういった経験がお米だけではなく、「食」に対する意識を高め、当麻町の大地がお子様の「食育」という力を育んでいきます。
 
子どものころから木を身近に感じることで、人と木や森との関わりを考えられる豊かな心を育む「木育」。木とふれあい、木に学び、木と生きる… 当麻町ならではの「木の文化」を守り育てる取り組みがあります。
「木育」の拠点となる「くるみなの散歩道」と「くるみなの木遊館」。
「くるみなの散歩道」は当麻山の豊富な自然を活用して、そこに生息する樹木や植物などにふれ、自然の命を感じる場所
「くるみなの木遊館」は町産材に包まれた施設。施設内には木製の遊具がたくさん!また木工体験もできます。

木という命に触れ、木という命の温もりを感じる。
この経験が自然豊富な当麻町という「心のふるさと」を愛する心を育みます。
当麻山麓にある「くるみなの庭」。100種類以上の花が咲き誇るこの場所が、当麻町の花育の拠点です。当麻山の豊富な自然を彩るたくさんの花たち。目で自然の美しさを感じ、耳で自然のささやきを聞き、肌で自然に触れ、鼻で自然の香りを感じとる、五感を最大限に生かして自然を感じる場です。

花が咲くのは植物に命があるから。
花の命の優しさにふれ、人の心も優しくなる。思いやりの心を育み、心豊かな子育てを目指します。
命のありがたみを学び、命の尊さを知る「食育」
命の温もりを感じる「木育」
命の優しさに触れる「花育」

命を学ぶことで、心も成長します それが「心育」

生命が輝き溢れる当麻町で 命を知り 命から学ぶ
このまちは 大切なことを教えてくれる
このまちに生まれ 育つことに誇りを持ってほしい
そんな願いが込められています
 

食育 木育 花育の取り組みを動画で紹介しています

当麻町の食育 木育 花育の取り組み、そして食を育てる農業、花を育てる農業、木を育てる林業を動画で紹介しています。当麻町の魅力を伝えるのは4人の「心育 食育 木育 花育」にまつわるキャラクター。そしてその声を演じるのは全て当麻町のお子さんたち。元気に詳しく紹介しています!
ココロちゃん

ココロちゃん

当麻町の心育を伝える活発な女の子
くうたくん

くうたくん

当麻町の食育を伝える男の子。食べることが大好き
もっくん

もっくん

当麻町の木育を伝える男の子。当麻町の緑が大好き。少しおっとりしている
はなちゃん

はなちゃん

当麻町の花育を伝える女の子。当麻のお花が大好きで心優しい


「当麻町に住んでみたい!」と思った方、ぜひこちらもご覧下さい!