手帳の交付

 心身に障がいを持つ方に手帳を交付しています。手帳を持っていますと障がいの程度に応じて、各種福祉制度が受けられます。

◆身体障害者手帳
 身体障害者手帳は、身体障害者福祉法に定める各種の制度を利用するために必要な手帳です。手帳には、障がいの程度によって1級から6級までの等級、また、第1種・第2種の種別があり、その等級、種別によって障がい者福祉サービス等が異なる場合があります。
[申請に必要なもの]
 ・指定医師の診断書
 ・写真(4×3cm)1枚 1年以内に撮影した、脱帽・上半身のもの
 ・印鑑
 ※住所、氏名が変わったときは、速やかかに届け出てください。
 ※障がいの状態でなくなったとき、または死亡したときは、速やかに手帳を返還してください。

 
◆療育手帳
 知的障がい(児)者に対して各種の援助措置を受けやすくするための手帳です。その障がいの程度によりA(最重度、重度)またはB(中度、軽度)の療育手帳が交付されます。
 18歳未満は児童相談所、18歳以上は北海道立心身障害者総合相談所において知的障がいと判定された方が対象となります。
[申請に必要なもの]
 ・写真(4×3cm)1枚 1年以内に撮影した、脱帽・上半身のもの
 ・印鑑
※住所、氏名が変わったときは、速やかかに届け出てください。
※手帳を必要としなくなったとき、または死亡したときは、速やかに手帳を返還してください。
 
◆精神障害者保健福祉手帳
 精神障がいのために長期にわたり日常生活または社会生活への制約がある方は、申請によって手帳交付を受けることができます。その障がいの状態等から総合判断され1級から3級までの等級があり、障がいの程度によって各種の福祉制度を受けることができます。
[申請に必要なもの]
 ・診断書(初診日から6カ月以上経過後に作成)または障害年金証書の写し
 ・写真(4×3cm)1枚
 ・印鑑
 ・個人番号カードまたは通知カード
※手帳の有効期限は2年で、期限が切れる3カ月前から更新手続きができます。
※住所、氏名が変わったときは、速やかかに届け出てください。
※精神障がいの状態でなくなったとき、または死亡したときは、速やかに手帳を返還してください。
 

◆お問合わせ先

健康福祉課 福祉係 TEL.0166-84-2111