地震情報

平成30年9月6日発生の停電復旧について

緊急情報一覧

ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品とは

 ジェネリック医薬品は、すでにあるお薬(新薬)の特許が切れた後に同等の品質で製造・販売されるお薬です。

【効き目・安全性について】
 ジェネリック医薬品は、新薬と同じ主成分で、厚生労働省のジェネリック医薬品承認基準をクリアしているため、安心してお使いいただけます。

【ジェネリック医薬品のいいところ】
 ジェネリック医薬品は、新薬に比べ2割から8割程度に価格が抑えられており、家計にやさしいです。
 また、新薬とは違い、味や形状などは変更できるため、服薬しやすいように工夫されているものもあります。

ジェネリック医薬品に変更したい場合

 受診の際に、医師へジェネリック医薬品を希望することを申し出てください。
 もし、自分から言い出しにくいという方は、役場窓口で配布しております、「ジェネリック医薬品希望カード」を医療機関窓口へ提示することでも切り替えることが可能ですので、ぜひご利用ください。
 ※ジェネリック医薬品として開発されていないお薬や、症状や体質により使用できない場合もあります。
 ※お薬によっては自己負担額に差が出ない場合もあります。