地震情報

平成30年9月6日発生の停電復旧について

緊急情報一覧

医療費の自己負担割合について

医療費の給付

 病気やけがで診療を受けるときに、病院などの医療機関の窓口に国民健康保険被保険者証を提示すると、医療費が受診した医療機関等に国保から支払われます。ただし、年齢や所得により負担割合は異なります。(被保険者証は毎年8月1日に更新されるため、7月末頃に新しい被保険者証を郵送します)
 ※70~74歳の方には、「高齢受給者証」を兼ねた被保険者証が新たに交付され、医療機関では、この受給者証で負担割合を確認します。(高齢受給者証を兼ねた保険証は、70歳になる前月末頃に郵送でお送りします)
 なお、被保険者証の紛失等により再交付が必要な場合は、下記の申請書を記入・押印の上、身分証明書及びマイナンバーの確認できるものをお持ちになって役場健康課窓口でお手続きください。

●区分ごとの自己負担割合
区分 自己負担割合
義務教育就学前の乳幼児 2割
義務教育就学以上70歳未満の方 3割
70歳以上の方 生年月日が昭和19年4月1日以前の方 1割
生年月日が昭和19年4月2日以降の方 2割
現役並み所得の方 3割

各種様式