ワクチンの接種状況について

当麻町におけるワクチン接種状況

当麻町の新型コロナウイルスワクチンの接種状況をお知らせします。
1回目接種終了 5328人
2回目接種終了 5295人
3回目接種終了   18人

(令和4年1月18日現在:接種対象者約5900人)
※受ける方の同意なく接種が行われることはありません

新型コロナウイルスワクチン予防接種について

※「初回接種」とは1・2回目接種、「追加接種」とは3回目接種のことです。
●対象者 【初回接種】12歳以上の方
     【追加接種】2回目接種完了から6か月以上経過した18歳以上の方

●接種券の発送について
令和3年12月1日以降発行される接種券は、接種券(シール型)から接種券一体型予診票に変わります。
 【初回接種】
・65歳以上(昭和32年4月1日以前生まれ)の方
令和3年7月8日に発送を完了しました。
・65歳未満(昭和32年4月2日以降生まれ)の方
令和3年6月24日に発送を完了しました。
・令和3年7月以降に12歳になる方
 12歳になる月の月末に順次発送しております。
 【追加接種】
2回目接種から概ね6か月経過する方へ順次発送します。
 2回目
 接種月
R3年
 3月
 4月
 5月   6月  7月 8月 9月 10月 11月
  接種券の
  発送時期
   (予定)
 R3年
11月30日 発送済
 R3年
12月下旬
 ~1月
R4年
1月上旬~中旬
1月上旬~中旬 2月
初旬
3月
初旬
4月
初旬
5月
初旬
●ワクチンの種類、接種の回数 
【初回接種】
ファイザー社のワクチンは3週間の期間をあけて2回接種
【追加接種】
2回目接種から8か月以上経過してから接種
ただし、令和3年1217日付けで厚生労働省より「初回接種完了から8か月以上の経過を待たずに新型コロナワクチンの追加接種を実施する場合の考え方について」が示されました。8か月を待たずに追加接種できる対象者等(初回接種から6か月以上の間隔は必要)については以下のとおりです。
1.   医療従事者等並びに高齢者施設等の入所者及び従事者
2.  通所サービス事業所の利用者及び従事者
3.  病院及び有床診療所の入院患者

なお、令和4年2月以降は、上記以外の高齢者について、2回目接種後7か月以上経過すれば3回目接種を受けることができるとされました。
●接種料金 無料

●接種実施について、予約方法
【当麻町内での接種について】
追加接種は令和3年2月〜開始します。
【旭川市内での接種について】
上川中央部1市9町の広域連携により、当麻町民の方も旭川市内で接種を受けられます。詳しくは、旭川市ホームページをご覧ください。
●接種当日の持ち物、注意点
・持ち物:接種券一体型予診票(※)、予防接種済証(※)、本人確認ができるもの(健康保険証、運転免許証など)、お薬手帳(お持ちの場合)
    ※12月1日以前に発行された接種券(シール型のもの)をお持ちの方は、そちらをご持
    参ください。
・当日は肩に注射します。肩を出しやすい服装でお越しください。
・接種当日は、接種後15~30分の経過観察時間があります。必要に応じ、本などの待ち時間に備
  えた物をご用意ください。

●接種券の再発行について
    紛失等の理由で接種券の再発行を希望される場合は、当麻町保健福祉課健康推進係(新型コロナ予防接種専用回線84-7020 平日8時30分~午後5時15分)にお問い合わせください。

●住所地外接種について
    原則として、住民票のある市区町村でワクチンの接種を受けますが、下記のような事情がある場合は、当麻町に事前に届けることで、町外の方でもワクチン接種を受けることができます。
※施設入所等、申請が必要ない場合もあります。詳しくは当麻町保健福祉課健康推進係(新型コロナ予防接種専用回線84-7020 平日8時30分~午後5時15分)にお問い合わせください。
【対象者】
・出産のため里帰りしている妊婦
・単身赴任者
・遠隔地へ下宿している学生
・その他市町村長がやむを得ない事情があると認められる者
※1,2回目の接種時に住所地外接種の届けを出された方につきましても、3回目接種では再度申
    請が必要となります。
【申請に必要なもの】
・住民票のある市区町村より発行されたコロナワクチン接種券の写し
・住所地外接種届(下記の様式をお使いください。)
(3回目接種の方のみ)
・1,2回目の接種状況がわかるものの写し(予防接種済証、接種記録書など)
【申請方法】
郵送または窓口提出にて申請してください。
申請先
〒078-1393 上川郡当麻町3条東2丁目11番1号 
当麻町役場保健福祉課健康推進係
【当麻町に住民票があるが、当麻町外で接種を希望する方】
当麻町が発行する接種券を使用します。
接種については、接種を希望する市町村にお問い合わせください。
勤務先で接種を受けることができる場合は、勤務先にご確認ください。

●当麻町へ転入される方へ
接種券については、下記の案内をご覧ください。
●当麻町から転出される方へ
接種券については、下記の案内をご覧ください。
●接種後の副反応
 新型コロナウイルスワクチン(ファイザー社)の副反応については、接種部位の腫れ・痛み、発熱、頭痛、倦怠感などの副反応が起こることがあります。稀な頻度でアナフィラキシー(急性アレルギー反応)が発生する可能性もありますが、接種会場や医療機関ですぐに治療を行うことになります。
 治療を要したり、障害が残ったりするほどの重症化は極めて稀ではあるものの、体内に異物を投与するため、何らかの副反応が起こる可能性を無くすことはできません。
 新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく国の救済を受けることができます。
●接種の同意
 新型コロナウイルスワクチンの接種は強制ではありません。予防接種を受ける方は、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解したうえで、自らの意思で接種を受けていただきます。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。職場や周りの方に強要したり、接種を受けない方への差別的な扱いをしたりすることがないようお願いします。
●【ワクチン詐欺】にご注意ください
「優先的に新型コロナウイルスワクチンの接種ができる」「接種には予約金が必要」など、嘘の情報を流す不審な電話にご注意ください。
●関連リンク、相談窓口
・北海道新型コロナウイルスワクチン接種相談センター
電話0120-306-154(フリーダイヤル 午前9時~午後5時30分 土日祝も含む)

・北海道新型コロナウイルス感染症 健康相談センター
電話0120-501-507(フリーダイヤル・24時間)


問い合わせ先 当麻町保健福祉課健康推進係 ☎84-2111
(新型コロナ予防接種専用回線84-7020 平日午前8時30分~午後5時15分)

新型コロナウイルス感染症 予防接種証明書の発行について

海外用及び日本国内用の接種証明書の申請を受け付けております。
申請方法は、窓口申請、郵送申請、電子申請(ワクチン接種証明書アプリ)のいずれかになります。
●申請方法・必要書類
【電子申請(ワクチン接種証明書アプリ)】
必要なもの
・ワクチン接種証明書アプリ
・マイナンバーカード
申請先
ワクチン接種証明書アプリを使用しての申請となります。詳細は下記をご確認ください。
【窓口申請、郵送申請】
必要なもの
(日本国内用・海外用共通)
・申請書(下記の様式をお使いください。)
・接種券またはマイナンバーの確認できるもの(いずれもなければ住所の記載された本人確認
 書類)
・(あれば)接種済証または接種記録書
・(郵送申請の場合)返信用封筒(切手を貼り、返送先住所を記載してください)と住所が記載
 された本人確認書類
※代理申請の場合は委任状が必要(下記の様式をお使いください。)
※接種証明書に旧姓・別姓・別名の併記を希望される場合は、それらが確認できる本人確認書類が必要
(日本国内用)
・本人確認ができるもの(漢字氏名、生年月日が記載されているもの)
(海外用の場合)
・パスポートの写し
申請先  〒078-1393 当麻町3条東2丁目11番1号 当麻町保健福祉課健康推進係
     ☎0166-84-7020(新型コロナ予防接種専用回線:平日午前8時30分~午後5時15分)
●留意点
・接種証明書は、接種を受けた時点で住民登録があった市町村で発行いたします。接種後に当麻町に転入された場合は、転入前の市町村にご連絡ください。
・日本国内での利用については、接種後にお渡ししている「予防接種済証」または「接種記録書」でもワクチン接種の事実を示す書類となります。
・海外用証明書を申請された場合、日本国内用の証明書も併せて発行されます。

【制度全般に関する問い合わせ】
新型コロナワクチンコールセンター ☎0120-761-770
【申請に関する問い合わせ】
当麻町保健福祉課 ☎0166-84-7020(新型コロナ予防接種専用回線:平日午前8時30分~午後5時15分)