予防策について

●外出を控える
・不要不急の外出は避けましょう!
・不特定多数の人が利用する風通しが悪く、密閉された空間には立ち入らない!(特に若い方は自覚症状が出にくいと言われ、感染に気付かない場合もありますので、不要不急の外出を控えるようお願いします)
・少しでも“体調が悪い”と感じたら、自宅で休養する!
※マスクの在庫不足が続いています。また紙類が不足するなどといったデマ情報も流れています。思いやりの心で無駄な買いだめは控えましょう!
●手洗い
 !ハンドソープをたっぷり使い、指1本1本まで丁寧にこする
 !手首もしっかり洗い、最後まで泡が残っているくらいがせっけんの量の目安
 !洗い流すのはお湯でも水でも可
 !ペーパータオルで手を拭き、レバーに直接触れずに水を止めるのがとくにおすすめ
●アルコール消毒
 !乾かないうちに手をまんべんなく消毒することが大切。十分な量で消毒するためにポンプは最後まで押し下げること
 !ジェルタイプの場合は1回で出る分量が少ないことも。複数回押して調節します
 !手洗い同様の手順で、指先から手首までアルコールをしっかりと行き渡らせます
●マスク
 !鼻からあごまで引っ張って、顔に密着させること
 !マスクの外側を触った手で鼻や口を触らないこと
 !ひっくり返して使用しないこと
 !一度使用したら必ず破棄すること(再利用しない)
 !ガーゼだけのマスクは目が粗いため、感染を防ぐ効果はあまり期待できません
 !キッチンペーパーを使った応急的なマスクは感染を防ぐ効果は期待できません
※マスクが手に入らない場合は使い捨てマスクの内側にガーゼを入れて、そのガーゼを入れ替えることを推奨しています。
※上記の情報はNHKのホームページから引用しています。詳しくはNHKの特設サイトをご覧ください

熱中症に気を付けましょう!

夏に向けて、高温環境でのマスク着用は熱中症のリスクが高くなります。
屋外で2メートル以上、人と距離を保てる場合はマスクを外すようにしましょう!
またマスクをしていると、のどの渇きを感じにくくなります。こまめに水分をとるように心がけてください!

感染予防対策物の寄贈について

新型コロナウイルス感染症予防のための物品を寄贈いただいています。
・有限会社佐々木衛生様よりアルコール消毒液を頂きました。寄贈いただいた消毒液は町内でグループホームを運営する(社福)じねんで活用させていただきます。
・株式会社旭ダンケ様よりマスク50枚入り5箱を頂きました。寄贈いただいたマスクは町内の福祉施設で活用させていただきます
・有限会社コスメット様よりマスク3000枚を頂きました。寄贈いただいたマスクは町内の福祉施設で活用させていただきます
・ノスタルジックジャパン和のみさんよりマスク50枚入り6箱を頂きました。寄贈いただいたマスクは当麻町社会福祉協議会、観光施設指定管理者、当麻柏陽園で活用させていただきます。
・愛別自動車整備工場株式会社さんよりマスク500枚を頂きました。寄贈いただいたマスクは当麻町社会福祉協議会、観光施設指定管理者、当麻柏陽園で活用させていただきます。
・当麻町商工会三役さんより消毒液8400mlとペーパータオル1400枚を頂きました。避難所の備蓄品として活用させていただきます
・段城七美さんより除菌剤20Lとスプレー容器40個を頂きました。公共施設で活用させていただきます
・大洋設備株式会社様よりマスク3000枚を頂きました。寄贈いただいたマスクは町内の公共施設で活用させていただきます。
・世良鉄工株式会社様より消毒液スタンドを頂きました。公共施設で活用させていただきます
・トウマ電子工業株式会社様より自社製除菌脱臭装置7台(事務所用1台、車載用6台)を頂きました。役場庁舎、スクールバス、公用車に活用させていただきます