洪水ハザードマップ

 当麻町では、過去にいくたびかの大雨による水害にみまわれてきましたが、過去の水害を経験している人も、時とともに水害の記憶が薄れていく傾向にあります。
 現在、国や北海道の治水事業として改修や堤防の整備が進められていますが、予想外の大雨による水害が起こらないとも限りません。
 当麻町では、このような万一の水害に備え、浸水予想の区域や避難所、避難勧告の伝達方法などの情報をわかりやすく表示した「当麻町洪水ハザードマップ」を作成しました。
 石狩川上流の洪水規模は、石狩川上流で150年に1回程度起こる大雨(3日間総雨量30mm)が降ったことにより石狩川上流が氾らんした場合を想定しています。
 牛朱別川・当麻川の洪水規模は、牛朱別川・当麻川で60年に1回程度起こる大雨(3日間総雨量215mm)が降ったことにより牛朱別川・当麻川が氾濫した場合を想定しています。
 水害が発生したときに、町民の皆さんが適切な行動をとれるよう、ご家族や職場などでお役立てください。