• トップ
  • 町長室の窓から
  • 「アルプスをより強い企業にしよう!!松本清社長のメッセージ」(平成21年11月号掲載)

「アルプスをより強い企業にしよう!!松本清社長のメッセージ」(平成21年11月号掲載)

 先月、スーパーアルプスさん(東京八王子市)を来訪させていただいた。我が町の今摺米を販売していただいている、大切なお得意先である。
 内野会長、松本社長はじめ会社幹部の方々と懇談いただいたが、今摺米の期待感に気が引き締まる。訪れる度に店内をご案内願うのであるが、全国の有名銘柄と肩を並べて陳列されている今摺米は誇らしく思う。
 店内に限らず、バックヤード、商品置場等も案内いただく機会があるが、清潔感あふれる環境に、会社の経営姿勢が伝わってくる。特に、パートさんを含め社員の皆様の挨拶と礼儀の正しさに心が洗われる。
 スーパーであれ、自治体の運営であれ、そこを利用される皆様に提供されるサービスは、何の違いもないはずである。スーパーアルプスさんで過ごす時間は、私にとっては貴重な勉強の場である。
 店頭には、こんなキャッチコピーが記されていた。

 =良質米・北海道十年連続一位 石狩川の清流が育んだお米=

 30分ほどの店内視察であったが、3名の主婦の方が今摺米をお買い求めいただいていた。ありがとう!!感謝の気持で一杯である。
例年通り、11月には生産者の皆様がスーパーアルプスさんを訪れると聞いている。自ら育て上げた今摺米の姿に、私以上に感動を受けることは言うまでもない。
 今まで、スーパーアルプスさんからも多くの皆様にご来町いただいた。お得意様の皆様・店長の皆様・社内旅行として社員の皆様…。ご利用いただいている方々に産地を見ていただけることは、信頼関係がより強くなる様でことのほか嬉しい。
 「よい産地と取引をいただいている」松本社長のお言葉はありがたい。
 「よい会社に販売をしていただいている」私は感謝の気持ちをお返しした。
 スーパーアルプスさんは、来年までに新しく五店舗の出店を計画されており、現在建設工事の最中である。会社広報誌から、躍動する松本社長のメッセージが伝わってくる。
『アルプスをより強い企業にしよう!!』

 今日もカントリーエレベーターからコンテナに乗り、今摺米は八王子へ旅立っていく。
 良いお客様の元に届きますように……。

(平成21年11月号・広報とうま掲載コーナー・第79回随筆)