「東日本大震災から丸一年」(平成24年3月号掲載)

 あの日からちょうど、1年が経過した。日本中を、いや世界の人々を震かんさせた3月11日がやってくる。
 もう1年も経ってしまったのかという表現は、あまりにも失礼であるが実感である。しかし、被災地の皆様にとってこの1年がどんなにか長く、辛い日々であったことか。復興の日がくることを、一日千秋の思いで待ち望んでいることと思う。未だ、30万人を超える人々が、避難生活を余儀なくされていることを思うと心が痛む。
 平成23年3月11日は、当麻中学校卒業式の日であった。いつもながらの感激の涙に頬を濡らし、体育館を後にした。町長室で書類整理の途中、東北地方で大地震発生の第一報。テレビのスイッチを入れたが、被害の状況はすぐには伝わってこなかった。
 その後、時間の経過と共に飛び込んでくる大津波の様子に息を呑んだ。防波堤を突き破り、船が、車が、漁具が次々と陸上深く押し上げられる情景は、この世の姿ではなかった。この家が、あの農地が橋が、次々と暗黒の波に消えてしまう。同時に、大切な命が奪われてしまうと考えることが怖かった。
 私達の人生の中で、一番辛く悲しい場面をテレビは映し出していた。その瞬間から、町も町民の皆様も、何かしてあげたいとの気持ちは一気に高まった。
 多くの物資や義援金を寄せていただいた。南相馬市の子供達を迎えてあげたい、絵本も届けてあげたい等々、個人団体を問わず、温かい手を差し伸べていただいた。2月25日、旭川市で開催された石巻市にピアノを贈る音楽イベントには、「ピアノを贈るだけではなく、寄り添って歩んでいく支援が大切」と、 当麻コールデイジーも出演された。
 一つ一つの行動は小さくとも、寄せる気持ちの大きさは、必ず被災地の皆様に届いていることと信じている。
 先日、地元新聞社が発行された ”河北新報のいちばん長い日” を一読した。一行一行に緊迫感が募り、現地の状況が昨日のように蘇(よみがえ)る。被災者に寄り添う地方新聞社の記事は、2011年度新聞協会賞を受賞されている。
 一日も早く復興され、2011年3月11日が未来への教訓の日となることを願っている。

(平成24年3月号・広報とうま掲載コーナー・第101回随筆)